水耕栽培プラント

HYPONICA PLANT

水耕栽培プラント ハイポニカプラント

ハイポニカプラントはハイポニカ向けに設計された湛液型水耕栽培用設備です。養液濃度・液温など、システム全体が均一で安定した環境となる独自の給排液方式を採用しています。

ハイポニカプラントでは植物を制御するという発想ではなく、植物が本来持つ可能性を最大限に引き出す発想のもと、最適な環境を再現する設計がなされています。一元管理による作業省力化を図りながら、安定生産の実践が可能です。太陽光利用はもちろん、LED照明などの人工灯を活用する完全閉鎖型植物工場への導入が可能です。

プラントシステム概略図

太陽光利用型 葉菜プラント(I型・II型)

葉菜プラントでは播種から収穫まで約40日で栽培が可能です。栽培槽は架台上に設置しているので、立ったままでの作業が可能です。定植済みのパネル移動も容易に行えるので作業効率向上が図れます。

葉菜プラント

葉菜プラント

葉菜プラント

葉菜プラント


太陽光利用型 果菜プラント(D型・F型・S型)

ハイポニカシステムと太陽光を組み合わせることで、土栽培よりも早く、栄養価の高い果菜の栽培が可能です。多収性に優れた"垂直誘引栽培"型プラント(D・F型)と品質にこだわり、作物の最大限の力を引き出す"水平放任栽培"型プラント(S型)をご用意しております。

果菜プラント

果菜プラント

果菜プラント

果菜プラント


人工光利用型 ハイポニカプラント

蛍光灯やLED照明などの人工灯を活用する完全閉鎖型植物工場にもハイポニカプラントの導入は可能です。多段式の栽培ユニットにも対応でき、設置状況や利用状況に応じたプラントのカスタマイズが可能です。

人工灯プラント

人工灯プラント

人工灯プラント

人工灯プラント



ページ先頭へ戻る